FXの基本 ではFXのメリットは?

FXをするうえでのリスクをあげましたが、メリット自体もいくつもあります。FXのメリットでやはり大きいのは、小さな金額で取引を始められることが最大のメリットと考えてもよいでしょう。証券会社に預け入れたお金を「証拠金」として取り扱い、それを担保として、証券会社から預けた以上の金額の取引を行う権利を貰えるというFXの仕組みのメリットとなります。
失敗した分の損益が、ご自分で預けたお金の範囲内であれようならば、実際の取引自体は、売買の損得のみを決済することとなりますので(差金決済)元手が少ないとしてもある程度大きな取引が出来ることになるのです。
例をあげるとFXを始めるうえで5万円を預けたとして100万円の取引を行える事を、「レバレッジが20倍」と言ったりします。これは「預けた金額の何倍まで取引可能か」という数字と考えておきましょう。
もうひとつのメリットは何かと言いますと、手数料の安さも大きな要素と言えるでしょう。FXをする証券会社などによってまちまちですが、FXならば一般的には1ドルあたり5銭前後の手数料ですから、(取引会社さんの手数料を確認しましょう)手数料で損をしてしまう可能性がすこし低くなります。
外貨預金の手数料を考えると、お得なことがわかりますね。一日に何回も取引を繰り返す場合があるときは、この手数料の差が大きくなるので気にするようにしておきましょう。

トップ > FXのメリット > FXの基本 ではFXのメリットは?

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。