FXの基本 FXのリスクを知る

ます最初にFXが投資であるということは、リスクが全然無いと言うような事はありえません。
ではFXにはどのようなリスクがあるのか考えてみましょう。
FXで利益が出たり損をしたりするのは値段が動くからです。それは投資である以上しょがありません。「レバレッジが効いている」ということをFXの場合に気をつけないければなりません。例をあげると、10万円を預けて200万円分の取引が出来るようになった場合に、2万ドルを1ドル100円で、買うとします。普段ではあまり気にしないような値動きの、ドルが110円から109円になった(1円動いた)程度で、資産は2万円減るということになってしまうことになります、これがFXの怖いところです。少ない元手でレバレッジをかける事で始められる反面、値動きの影響もかなり大きくなってしまうということになります。
これは株の投資で1円動いたくらいでは、利益なることも、損になるような影響もほとんどかんじられませんが、FXでは1円動いただけで、利益も出ることになる場合もあれば、損になってしまう場合もあるということです。株投資になれているとFXはずいぶん違ってきますので、「小さな値動きをきちんと把握してみるようにする」これはFXをするうえでかなり大事なポイントとなるでしょう。
流動性リスクは少ないとはいえ決してゼロではない!という認識をきちんとしておくことも大事です。
世界事情や、世界の事件によって一変で大きく市場が変化してしまうことはよく考えておき、あまり取引されていないような通貨で取引している場合はかなり注意が必要です

トップ > FXのリスク > FXの基本 FXのリスクを知る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。